私の脱毛方法は簡単で楽チン

夏になると本格的に脱毛をするようになる私は、いよいよその時期が来たと思い脱毛器を出しました。

夏の暑い日に脱毛をするのは嫌いではありません。面倒だと思うことはありますが、美肌を作るために脱毛は欠かせないことなので、時間がなくても絶対に脱毛するようにしています。それに、家ではラフな格好をしていることが多いので、脱毛しやすく特に苦だと思うこともないのです。

脱毛する時に必要なものは新聞紙と脱毛器とボディミルクだけ。私の脱毛はこんな単純なものばかりでできてしまうのです。

新聞紙と言うのは、脱毛している時にムダ毛が床に落ちて散らばらないようにするための受け皿みたいなものです。
私が持っている脱毛器と言うのはムダ毛を抜いたらその場にどんどん落としていくものなので、新聞紙が欠かせないのです。脱毛をするとムダ毛がどんどん落ちていきますから、掃除をしなくても済むように、こうした準備はきちんとしておくべきだと思っています。

もっと性能のいい脱毛器ならこんな面倒なことをしなくても済むのかもしれません。私の脱毛器はわりと古いタイプなのであまり気が利きません。でもだからと言って文句は言わないようにしています。脱毛と言う本来の仕事をしっかりとこなしてくれているので、私としては今後も頻繁に使っていきたいと思っています。
脚 脱毛

ボディミルクは脱毛後の肌のお手入れに使っています。脱毛した後の肌と言うのは、毛穴が開いて肌荒れを起こしやすくなっていますから、その肌荒れを少しでも軽減させるために保湿として使っているのです。安い商品でもしっかりと肌の調子を整えてくれるから重宝しています。
脱毛は思っているよりも面倒ではありません。時間のある時にじっくりとこなせば苦だと思わなくなりますね。

長年のムダ毛処理から解放

私は40代の主婦なんですが、昔は自己処理しか方法が無かったと言うか有ってもニードルと呼ばれる針と電流を使った高額な脱毛方法がメインだったので、脱毛サロンに行くのって芸能人とかお金持ちのマダムと言ったイメージでした。

ネットも発達していない世の中だったので、長年に渡り間違った自己処理をこんなものかなと思って続けていました。
毛抜きや除毛剤、ワックスなどで無理に毛を処理していくうちに、毛穴が目立ったり、抜けきらない毛根が埋もれて透けて見えたり、皮膚が赤く炎症したりと綺麗に脱毛することが出来なくなってきますよね。

毎日時間を掛けて自己処理しても精神的にも疲れて夏場は特にストレスに感じていました。夏、暑くても脇の処理が汚いのを見られたくないと思っていたので、半袖の上にカーディガンを羽織ったり、スカートもすね毛が見られないように丈の長いスカートを履くか、パンツスタイルばっかりになっていました。

ある日、パートで働いているコールセンターで20代の同僚の女の子が激安で脱毛してきた話をしているのを聞いて、普段話の接点が無くて話しかけたことがないその若い子に根掘り葉掘り脱毛サロンの話を聞きまくってしまいました。
光脱毛だと、殆ど痛くないしキャンペーンで安く脱毛出来ると知ってさっそく教えて貰ったサロンへ予約を入れて脱毛開始してます。
本当に安いので旦那に怒られる心配もないし嬉しい限りです。

まだ、2回しか施術をしてませんが毛が抜け落ちてすべすべになってきてます。お肌も綺麗になって本当に良かったです。